入れ歯(義歯・総義歯)

こやま歯科診療室の入れ歯づくりはこんな方におすすめ

  • 高品質な入れ歯をつくりたい
  • 腕のいい歯医者さんに入れ歯をつくってもらいたい
  • 腕のいい歯科技工士さんと提携している歯医者さんで入れ歯をつくりたい

こやま歯科診療室の入れ歯をおすすめする理由

春日部で入れ歯(専門用語で「義歯」と言います)をご検討されている方は、こやま歯科診療室を自信をもっておすすめします。健康保険をつかった入れ歯から、なんでも食べられるようになる入れ歯まで高い技術で幅広く対応いたします。

これだけ自信をもっておすすめできる理由があります。

日本最高峰の入れ歯の先生に師事

こやま歯科診療室の院長は、日本で最高峰と言われている銀座深水歯科の深水先生のもとで入れ歯づくりを学びました。また万が一難易度の高い入れ歯があっても、日本最高峰の先生をご紹介することができるので安心して治療を受けていただくことができます。

高い技術をもった歯科技工士と提携

じつは入れ歯づくりは分業制になっています。患者さまのお口の状態に合わせて入れ歯を設計するのは歯医者です。ただ歯医者が入れ歯を設計したあと、実際に入れ歯をつくるのは歯科技工士さんという方です。

どんなに歯医者がいい設計図を書いても、実際につくる歯科技工士さんの腕がよくなかったらいい入れ歯はできません。

こやま歯科診療室が提携する歯科技工士さんは、これまでたくさんの患者さまに「入れ歯じゃないみたい!」と喜んでいただいた高い技術と実績をもつ歯科技工士さんです。

歯科技工士
歯科技工士の水上です。こやま歯科診療室で入れ歯をおつくりになる方は、私が責任をもってしっかり対応させていただきますのでご安心ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯はどこが違うの?

はじめて入れ歯をおつくりになる方によくある質問が「保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いについて」です。

あくまでもこやま歯科診療室の考え方ですが、結論からいうと自費の入れ歯をおすすめします。

たとえば、保険の入れ歯は国の決まりで「調整していい回数や期間」などが制限されているのです。髪の毛一本が口の中に入っても気になって仕方ないくらい口の中は敏感です。そんな敏感なお口に入れ歯を入れるのですから、ほんの少しずれがあるだけでも痛みが出ます。

そのため何度も何度も調整を繰り返すべきなのですが、保険の場合はそれができません。そのほか素材などについても細かく規定があり、人によって合わないこともあります。

もちろん自費の入れ歯は、患者さまにお支払いいただく金額は、保険よりも高くなります。

ただ6万円の保険の入れ歯で、痛い、噛めない、笑うと外れる、といった生活のしづらさを我慢するのと、たとえば30万円の自費の入れ歯で、なんでも食べられたり思い切り口をあけて笑えたりできる生活とどちらがいいか、という考え方もあるかもしれません。

すべての患者さまに自費の入れ歯をおすすめしているわけではありません。保険の入れ歯をご希望の場合もご遠慮なくご相談ください。精一杯対応させていただきます。

自費の入れ歯の料金(費用)

こやま歯科診療室の入れ歯の料金は、10万円から60万円程度(自費)が目安となっております。お口の状況、素材などのご希望などによって金額が変動いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

この治療は医療費控除が受けられますので税金が還付、もしくは軽減される可能性があります。


更新日:

Copyright© こやま歯科診療室|春日部で人気の歯医者さん , 2019 All Rights Reserved.