スタッフの声

こやま歯科診療室のスタッフたち同士で、こやま歯科診療室の魅力や心がけていることについて語り合いました。

流れ作業にしたくない

ーこやま歯科診療室は「寄り添う(よりそう)」がテーマだそうですが、どんなことを心がけておられるんですか?

歯科衛生士
どんな小さなことでも相談してほしいとおもいますし、相談してもらえるような存在になりたいと思っています。家族や親戚とか仲がいい友達って自然に相談してますよね。そういう雰囲気をこやま歯科診療室でもつくりたいです。

歯科衛生士
院長も優しいんですが、やっぱり院長には直接言いにくいこともあると思うんです。そういうときも私たちにはなんでも相談していただきたいです。

歯科助手
わたしが思っているのは「流れ作業」にしたくない、ということです。たくさんの患者さまにお越していただいているのでどうしても急いでしまうのですが、本当は一言だけでも最近のご様子をお伺いしたり、表情や髪型の変化などにも気付けるようになりたいです。

今のこやま歯科診療室は、いい意味で50点。もっとやりたいことがある。

ーこやま歯科診療室のいいところを教えてください。

歯科助手
わたしが面接にきたときにすごい落ち込んでいることがあって、それを院長に伝えたら「それは恥ずかしいことじゃないよ」「その経験を活かして患者さまに寄り添ってほしい」と言われたことがすごく救われて、うれしかったんです。「この院で患者さまに寄り添いたい!」って思いました。

歯科衛生士
院長とスタッフが本当にいい関係です。ただの仲良しじゃなくて、院のために言いたいことはなんでも言い合えています。言い合いになることもありますが、お互いに院のためだと分かっているので、いつもすっきりしています。

歯科衛生士
今のこやま歯科診療室は50点です。今が悪いという意味ではなく、もっともっと患者さまのためにやりたいことがたくさんあります。スタッフが増えたらもっとできることも増えますし、そのためにはまず私たちががんばることが必要だと思っています。

「こやま歯科は行きたくないとは思わない」

ーこやま歯科診療室で働いて思い出に残っていることがあれば教えてください。

歯科衛生士
こやま歯科診療室は隣が立野小学校で、たくさんの子どもたちが来院してくれています。もちろんママも一緒に来院されるのですが「あら!来てたの?」ってお互いに挨拶されてるシーンなどを見るとなんだかうれしい気持ちになります。

歯科衛生士
歯医者さんって普通は歯が痛いときににしか来ませんよね。あんまり行きたい場所ではないと思います。でも患者さまに「こやま歯科は行きたくないと思わない」と言われたことはうれしい思い出です。

歯科助手

また面接のときの話ですが、本当にこやま歯科診療室で働きたくて、ずっと電話がかかってくるのを待っていました。院長から電話がかかってきて採用と言われたときは本当にうれしかったです。

あと採用されてからわかったのですが、こやま歯科はたくさんの外部の人に支えられて応援されているなと感じます。これも先生のお人柄かもしれませんね。

ーありがとうございました!

投稿日:

Copyright© こやま歯科診療室|春日部で人気の歯医者さん , 2019 All Rights Reserved.